よくあるご質問

よくあるご質問

介護保険サービスを使いたいのだけれど まず何をすればいいの?

介護保険サービスを使いたいのだけれど まず何をすればいいの?

介護保険サービスを使いたいのだけれど まず何をすればいいの?

市町村が行う要介護認定に申請します。
認定後、その程度に準じてサービスを利用することが出来ます。

介護保険サービスをお使いになるには、サービスを受ける方の要介護状態の基準に該当するか、介護がどの程度必要なのかについて、市町村が行なう要介護認定を受けます。この要介護認定を受けるには、サービスを受けるご本人もしくは、ご家族等が市町村の介護保険課などに申請をしなければいけません。

申請後、市町村の職員や介護支援専門員(ケアマネジャー)がご家庭を訪問し、心身状態などを調査します。同時に主治医に意見書を記入してもらい、調査票と意見書をもとに要介護認定がなされます。

原則として、30日以内に要支援1、要支援2、要介護1~5、または非該当(自立)と認定結果が通知されます。要介護認定と判定されると、その程度に応じて、どのサービスをどのように組み合わせて利用していくのかを、介護支援専門員(ケアマネジャー)が利用計画を作成します。また、要支援と認定された方は、地域包括支援センターにて利用計画を作成し、介護予防サービスを利用することができます。

なお、非該当(自立)と認定された方は、介護保険サービスを利用することはできませんが、将来要介護、要支援に移行する可能性の高い方は「特定高齢者」と呼ばれ、介護予防特定高齢者施策のサービスを受けることができます。

どのくらいが「要支援」と「要介護」に分けられて どんなサービスが受けられるの?

どのくらいが「要支援」と「要介護」に分けられて どんなサービスが受けられるの?

どのくらいが「要支援」と「要介護」に分けられて どんなサービスが受けられるの?

ご本人の身体状況によって様々です。
7つの区分とサービスの目安例を参考に、ご相談ください。
認定後、その程度に準じてサービスを利用することが出来ます。




区分
ご本人の身体状況(目安)
区介護サービスの例(目安)


要支援1
残された身体機能を保持・向上させたり、失われた機能を取り戻すような支援が必要。
機能訓練の必要性に応じて、週2回程度の通所リハビリテーションなどを利用。


要支援2
日常生活(排泄・入浴など)を送るうえで一部介助が必要 認知症がほとんどなく、容態が安定している。
排泄や入浴などの介助のために、毎日なんらかのサービスを利用。


要介護1
日常生活(排泄・入浴など)を送るうえで一部介助が必要 認知症が認められる、もしくは容態が不安定である。
排泄や入浴などの介助のために、毎日なんらかのサービスを利用。


要介護2
日常生活(排泄・入浴など)を送るうえで一部または全介助が必要。
(軽度の介護)
週3回程度の通所リハビリテーションや通所介護を含め、毎日なんらかのサービスを利用。


要介護3
日常生活(排泄・入浴など)を送るうえで全介護が必要。
(中程度の介護)
・夜間および早朝の訪問介護を含め、
 1日2回のサービスを利用。
・医療管理が必要な場合、
 週3回の訪問看護サービスを利用。
・認知症の場合、
 週4回の通所リハビリテーションや
 通所介護を含め、毎日のサービスを
 利用。


要介護4
日常生活全般において、全面的な介護が必要
(重度の介護)
・夜間および早朝の訪問介護を含め、
 1日2~3回程度のサービスを利用
・医療管理が必要な場合、
 週3回程度の訪問看護サービスを
 利用。
・認知症の場合、
 週5回の通所リハビリテーションや
 通所介護を含め、毎日のサービスを
 利用


要介護5
日常生活全般において、全面的な介護が必要
(最重要度の介護)
・夜間および早朝の訪問介護を含め、
 1日3~4回程度のサービスを利用
・医療管理が必要な場合、
 週3回程度の訪問看護サービスを
 利用


よくあるご質問サイドバー

ページ先頭へ